下半身が太りやすい

余分な肉

女性は上半身よりも下半身に脂肪細胞が多いため、男性よりも下半身が太りやすい傾向にあります。下半身だけが太ってしまうと上半身とのバランスが悪くなってしまうため、それをコンプレックスに感じる人も多いです。男性にはありませんが女性は子宮や卵巣があり、それらの臓器を守るために下半身へ脂肪がつきやすくなっているのです。普段から運動をしていれば下半身に無駄な脂肪がつくことはありませんが、不規則な生活習慣を送っていると次第に下半身へ集中的に脂肪がついてしまいます。脂肪が貯まってしまうと脂肪の塊であるセルライトが発生するので、セルライトがあるとその部分が痩せにくくなってしまいます。ダイエットをするためには運動をするよりもセルライトを除去しないといけないので、セルライトはマッサージなどでほぐしていくことが大切です。セルライトを放置してしまうとリンパの流れも悪くなり、新陳代謝が正常に機能しなくなってしまいます。ダイエットをする上でセルライトを除去することはダイエット成功へ導くために重要なことなのです。

美容外科ではダイエットしやすい身体づくりをするために、セルライト除去の治療を行なっています。超音波や痩身機器などの専用機械を使うことでセルライトや脂肪の除去をすることができます。また美容外科ではダイエットの目的だけではなく、身体の悩みとして肩こりや冷え性などを改善することができる治療法もあります。痩せやすい身体を作るのと同時に、蓄積した身体の疲労を取り除くことでストレス緩和にも繋がります。美容外科で下半身治療をするためには同じく専用機器で脂肪分解を行なうことができます。美容外科は大きく分けて全身痩せと部分痩せを選択することができるので、痩せたい箇所を特定しておくことでどの治療法が良いか提案できます。